の原点は、アジアの風土にあります。
その風土が生み出す素材と人間の関わりの広がりと深さが漆文化を創り出してきました。
漆が秘めている有用性は限りない豊かさがあります。
質の美しさ、自然な優しさ、緻密さ、清浄さ、
願船漆工房では、漆そのものの中から現代を抽き出すことを創作活動の眼目としております。
用途のあるもの ― 暮らしへの創造的提案。
造形美を主体とするもの ― 現代人の精神への投げかけ。

The root of urushi exists in the Asian climate. It is a culture which grew in accordance with the daily lives of people and in harmony with nature. It's use can be seen in a variety of ways in our everyday life, such as paint, glue, ornaments, medicine and food. Urushi has infinite wealth of value inside it. The beauty of quality, mildness of nature, the purity. It is inscrutable. The main object of our creative activity is to bring out today from urushi itself. We study the very beginning of relationship between urushi and human beings.

 

 

 

工房外観01

↑click here

工房外観02

↑click here

  トップぺージ   願船メッセージ   社会的活動   工房風景   願船工房ギャラリー    
  ステートメント1   ステートメント2   ブログ   工房案内図   お問い合わせ
2017. 8. 21.更新

Copyright(c) 2004 Nagatoshi Onishi All rights reserved.